コラム

電子化に関する疑問やお悩みが解決できる情報をお伝えしています。

古文書は電子化して保存するべきだ

コラム

2024年3月30日に発生した能登地震は、多くの被害をもたらしましたが、特に歴史文化遺産である古文書が火災により焼失してしまったことは非常に残念です。

これらの貴重な資料は、地域の歴史や文化を後世に伝える重要な役割を果たしていました。

能登地震による古文書の損失

能登地震により、多くの古文書が失われました。火災による損失は、単なる物理的な被害に留まらず、地域の歴史や文化の一部が永遠に失われたことを意味します。

NHKの報道や災害研究機関の報告によれば、被害の範囲は広範であり、復旧の見通しは依然として厳しい状況です。

電子化の必要性

このような悲劇を繰り返さないために、古文書の電子化が急務です。
電子化することで、以下のような利点があります。

  1. 安全な保存:火災や水害などの自然災害から古文書を守ることができます。
  2. 容易なアクセス:研究者や一般の人々が簡単にアクセスできるようになり、歴史的資料の活用が促進されます。
  3. 保存コストの削減:物理的な保管スペースを必要とせず、デジタルデータとして効率的に保存できます。

双光エシックス(株)の取り組み

双光エシックス(株)は、愛知県名古屋市で文書の電子化サービスを提供しています。私たちは、歴史的な資料や文化財を未来に残すために、電子化を推進しています。高度なスキャニング技術と専門知識を駆使し、貴重な古文書をデジタルデータとして安全に保存します。

古文書の電子化は、歴史文化遺産を守るための最善の方法の一つです。能登地震の教訓を生かし、地域の貴重な資料を未来へとつなぐために、今こそ電子化の重要性を再認識するべきです。

双光エシックス(株)は、その取り組みを全力で支援します。

一覧に戻る